読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮崎哲弥「仏教教理問答 連続対論  今、語るべき仏教」

本書は、友人が読んでいたのをチラリと見せてもらって、面白そうだな、と思って、購入。以前に読んだ高村薫の作品「太陽を曳く馬」について若手の仏教徒たちが語っているという。「太陽を曳く馬」と、この作品を書くきっかけとなった「オウム」の問題を、現代の仏教徒たちがどう受け止めているのか興味があった。僕の記憶では、オウム事件の当時、仏教界からは、ほとんど反応が無かったように思う。しかし、本書の中に登場する仏教界の人々は、かなりの衝撃を受けたようだ。釈徹宗氏の「一歩間違ってたら自分もオウムに入ってたな」という言葉が、それをよく表している。本書の中に登場する対談者のほとんどが「太陽を曳く馬」と「オウム」について語っている。仏教界にとって、それほど大きな事件だったということだろう。また著者は、「太陽を曳く馬」に、「仏教文学の極北」「最高峰」と最大級の評価をしている。仏教の教理など、ほとんど無知な自分には「太陽〜」の意味が理解できなかった。本書の内容も、半分以上理解できていないが、仏教のことがとても気になってきた。本書に登場する若手の仏教徒が書いた本などを読んでみようかな。