読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小澤征爾×村上春樹「小澤征爾さんと、音楽について話をする」

いい本だと思います。読んで面白かったです。しかし自分にはこの本を語る資格はありません。この本の中で語られている音楽のほとんどを聴いたことがないからです。村上春樹がジャズだけでなく、クラシック音楽をここまで聴きこんでいるとは知らなかったです。ここまで聴き込むには、いったいどれだけの時間とお金と努力が必要でしょうか。これからは、この本の中で語られている曲や演奏を少しずつ聴いていこうと思っています。村上春樹という人は、優れた「聴き手:聴衆、リスナー」であり、同時に優れた「聞き手:インタビュアー」でもあるということがよくわかります。小説家の質問に、すばらしく率直にストレートに答えるマエストロの言葉にも心を動かされます。この本の中で語られている音楽をよく聴いている人なら、何十倍も楽しく読めると思いますよ。