読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上春樹「1Q84 BOOK3」

サクサク読めた。とってもスムーズ。ちょっと肩すかしだな。というのが正直な感想。ほんとうは、新興宗教「さきがけ」のことをもっと描いてほしかったのだ。BOOK1、BOOK2以上に登場人物の数が少なくなり、基本は天吾、青豆、牛河の3名によって話が進んでいく。BOOK1、BOOK2は、描かれた世界のスケール感で大きな広がりを感じさせたが、本書は、ぐっとスケールを抑えた小宇宙の中で物語が進んでいく。青豆の身の上に起こる変化も意味がよくわからない。謎の集金人など、全体に荒唐無稽の方向へ進んだ感じ。「さきがけ」については、前作以上の掘り下げがない。パッシヴァ、レシーヴァ、マザやドータのことも理解が深まることがないまま終わってしまう。「悪」が生まれる瞬間を描こうとした、という私の「読み」からは、むしろ遠ざかる方向に向かっている。前作で、「青豆が天吾と出会わないまま死んでしまうなんて、ありえないっ」と思った人にはよかった展開かも。まだ続きそう。BOOK4に期待しよう。