読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飴村 行「粘膜人間」

少し前から書店の店頭で目についていた作品。第15回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。隣に並んでいた同じ著者の「粘膜蜥蜴」のほうにまず目が行ったが、デビュー作の本書を読んだ。身長195cm、体重105kgの小学生。河童、憲兵隊…。そんな異常な設定が何の説明もなくポンポン出てくる。虐待や拷問、処刑、殺人の残酷な描写が延々と続くのに辟易する。しかしストーリーテリングは巧みで、あっという間に読ませる。平山夢明の短編集「独白するユニバーサル横メルカトル」と似た読後感。荒唐無稽で凄惨。安心して人に薦められる作品ではない。