読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミズノは硬い

ランニング マラソン

ミズノのランニングシューズ。

ランニングシューズを買い替えた。
それまでは、アディダスが日本人の足に合わせて開発した
といわれる「アディゼロ」を3足。ニューバランス
フラット走法用のシューズを1足履いていた。
アディダスは自分に合っている、という印象だった。
ミズノのモデルは「ウエーブライダー」という比較的
クッションがしっかりしている幅広モデル。
20キロほど、ゆっくり走ってみた。
第一印象は「硬い」。クッションが厚めなので、かなり
ソフトな履き心地を予想していたのだが、思いのほか
硬いことに驚く。

シューズのデザインの違いのせいか、つま先がよく
引っかかる。引っかからないように、足を少し高めに
上げる走法に変える。
ランニングそのものは、前より安定している気がする。
以前なら未舗装の、荒れた路面では、足首が外側に
くねるような動きになり、ひやりとすることが時々あったが、
ミズノでは、まったく起きなくなっている。
試しに、轍ができていて、以前なら避けながら走ったような
路面をわざと選んで走ってみても、安定している。

村上春樹がランニングについて書いたエッセイ
「走ることについて語るときに僕の語ること」の中で、
路面の状態をダイレクトに伝えるような硬さのミズノが
好みだ、と書かれていたが、それはこの事だったのか
と思い当たる。